117グループCONTEST 「ありがとう」がいっぱい
第10回「こころつないで」フォトコンテスト
第5期 入賞作品
各期 組写真コース
第5期のグランプリ - 3point
「青空入学式」
nyaoko0222 様
兵庫県西宮市
グランプリ作品
グランプリ作品
グランプリ作品
 作者のコメント
マスクをしてイスの間を空けて青空の下で行われた娘の入学式。こんな状況の中でも式を取り行ってくれた先生方に感謝の一言です。
 審査員からのコメント
この春の世界を象徴するような光景です。
3枚の真ん中に桜とマイクを切り取った(組写真としての)構図が、誰の所為でも無い"やるせなさ"やそれでも"乗り越えた慶び"を、直に心に届かせてくれるようです。
こういった状況を的確に捉えて、ただの"式次第のような羅列"では無い組写真として見せてくれるのは、日頃からこの作者の巧いところでしょう。お子さんが大人になったときに、このような作品を目にして何を感じられるのかも楽しみですね。
もし一枚目の色調が、もう少し他の2枚と揃っていたら...というのは、『見ている方だから感じる勝手な指摘』でしょうか?
貞松写真事務所
代表 貞松良治
第5期の準グランプリ - 2point
「キミを感じる夏の日に」
sana 様
神奈川県川崎市
準グランプリ作品
準グランプリ作品
準グランプリ作品
準グランプリ作品
 作者のコメント
なまあたたかい風と共に、キミに気配を感じる夏の朝。忘れてないよ。会いに来てくれてありがとう。
 審査員からのコメント
何とも意味深なタイトルですが非常におしゃれで引き付けるものがありモノクロの魅力が詰まった作品です。この作者も素晴らしい目をお持ちだと思います、時計の切り方や机の下からレンズを向けるなど細やかさに目を見張ります。またどのカットも非常に丁寧に撮影されております。ただ4枚目の帽子を何気に捉えたカットだけがどうも作りこんだ感があり少し残念な気がします。しかしながら想像力を高める秀作に違いはありません。
スタジオクレアーレ
代表 山下太郎
「お供え物」
サザンクロス 様
兵庫県加古川市
準グランプリ作品
準グランプリ作品
準グランプリ作品
 作者のコメント
子供たちがお参りしているお地蔵様があるのは鯛焼き屋さんの前でした。やはり鯛焼きが供えられています。誰が供えたのでしょうか?
 審査員からのコメント
最初、この子どもたち3人が鯛焼きをお供えしたものと思って観ていましたが、作品コメントを読むと別の人が先に供えていたのでしょうか。もしかしたら、向かいの鯛焼き屋さんか。
子どもたちの服装や様子から、特別な日の出来事ではなく、子どもたちの日常の風景と思います。1枚目を受けて3枚目がほほえましく、戻って1枚目の会話も聞こえてきそうです。長寿地蔵ですが、子どもたちにとっては願掛け等関係なく「お地蔵さん」なんですね。
3枚で構成された作品ですが、2枚目が説明的なのが余分に思います。1枚目3枚目の2枚組みにするか、3枚目をもう少しアレンジして単写真にした方が、テーマが明確になったかもしれません。
117グループ
代表 山下裕史
「心に花を」
yukoneko 様
滋賀県蒲生郡
準グランプリ作品
準グランプリ作品
準グランプリ作品
 作者のコメント
子供たちも息苦しさを感じながらも、今を乗り越える為に、頑張っている。心の花を枯らしてしまわないように…
 審査員からのコメント
春と言えば桜ですね。日本の国花というのは無くて『その国民に最も愛好され、その国の象徴とされる花』だそうです。私はその花の一つが桜だと思います。全写真に桜を取り入れ心にも春が来たという雰囲気が伝わってきます。
一枚目の写真は、青空に桜の木、そして爽やかな笑顔の子ども達。春の季節感がよく出ています。二枚目の写真は、いっぱい咲いた桜の花への喜びの表情が後ろ姿を通して伝わってきます。三枚目の写真は、散った桜の花を集めて作ったハート。緑草の上に花びらで描いたハート。二人でこころ合わせて作っていますね。3枚の写真の組合せがいいです。これら一枚一枚の写真の構成と構図で春の訪れと「心に花を」が感じられ「こころつないで」のテーマに合っている素晴らしい組写真です。
クリエイティブプロダクション ウイル
代表 山本正博
第5期の入選 - 1point
「ふたり」
黒須 俊夫 様
千葉県木更津市
入選作品
入選作品
入選作品
 作者のコメント
兄と弟と、親しい友と、愛する人と、ふたりはいつも一緒。
「伝統」
成松 和司 様
愛媛県松山市
入選作品
入選作品
入選作品
入選作品
 作者のコメント
愛媛県喜多郡内子町の甘日市保存地区内の観月祭です。
「どんどの日」
タロー 様
長野県千曲市
入選作品
入選作品
入選作品
 作者のコメント
どんど焼の日。家族づれ 小供たち 沢山の人が訪れて、この一年の無病息災を願っていました。 
 総評
先ずはコロナ渦の影響で、審査も普段通り行うことが出来ず、結果発表も遅れてしまったことをお詫びします。
学生部門について、私見ながらグランプリ作は"おとなしい"ストレートな作品すぎて、個人的にはもう少しとがったものを選びたかったです。"若い感性をぶつけて欲しい"部門としては、ちょっと物足りないような気もします。もっともっと『人とは違う絵を撮りたい』という、「ゴリゴリと被写体を探し廻る」ような、あるいは「得体の知れない自信に満ちた者」のような、ときには『冷めた目でナナメ上目線で見る』ような、"若さゆえ"を見せて欲しいと思っています。
今回の応募作は、まだ外出が憚られる以前の撮影が多かったようでしたが、次期には作品にどのような影響が出るのか、全く予想出来ない世の中になってしまいました。次回審査の頃には、屈託無く作品を見ることが出来れば良いなぁと、願って止みません。
貞松写真事務所
代表 貞松良治
各期の入賞作品
第10回 ポイントランキング
2020年7月 現在(五十音順)
ポイント
入賞者様のお名前 
または ニックネーム
17
sana 様
16
タロー 様
15
aym 様
11
田中 雅之 様
10
角田 恒雄 様 / nyaoko0222 様
ムーちゃん 様
サザンクロス 様 / 笹田 雅代 様
yukoneko 様 / 中本 則昭 様
みかん船 様 / Lemon grasses 様 / 成松 和司様 / 仙石 一夫 様
坂部 子一 様 / 吉野 宏映 様 / 12mm 様 / 藤原 茂夫 様 / 理由 様
ヨーちゃん 様 / 黒須 俊夫 様 / makaho 様 / 佐々木 順哉 様 / 笹田 温 様 / おいしいなりんご 様
石川 賢一 様 / 達下 才子 様 / いるか雲 様 / 片山 貴文 様 / 鳥居 竹夫 様 / 明野 敏行 様 / 井田 金久 様 / 道信 タケオ 様 / みゆ 様
第10回 都道府県ランキング
第10回フォトコンテスト入賞者様を都道府県ごとに集計しました!
 人数対抗
兵庫県
27
埼玉県
13
長野県
10
愛媛県
神奈川県
滋賀県
広島県
京都府
和歌山県
北海道
千葉県
群馬県
三重県
宮城県
高知県
静岡県
三重県
岩手県
 ポイント対抗
兵庫県
36
埼玉県
20
長野県
17
神奈川県
17
滋賀県
16
愛媛県
14
京都府
11
広島県
10
和歌山県
北海道
三重県
宮城県
群馬県
千葉県
静岡県
高知県
岩手県
東京都
通算ポイントランキング
2020年7月 現在(五十音順)
ポイント
入賞者様のお名前 
または ニックネーム
103
タロー 様
75
sana 様
73
aym 様
67
nyaoko0222 様
60
ムーちゃん 様
52
ミニオンのボス 様
43
ヨーちゃん 様
40
サザンクロス 様
29
akkoberry 様
27
なごなつ 様
25
yukoneko 様
24
今枝 進 様
23
運命愛情男 様 / 田中 雅之 様
21
ケンツク 様
18
Qさま 様 / ひで 様
16
森 和代 様 / 石川 賢一 様 / Lemon grasses 様
14
笹田 雅代 様
13
ゆぴんパパ 様 / 大塚 美代子 様 / ちゃーさん 様 / いかいか いるか 様 / 浜口 正雄 様
12
makaho 様
11
カサブランカ 様 / ユリ★ 様
10
竹川 義之 様 / 山本 幸平 様 / 黒須 俊夫 様 / 角田 垣雄 様

フォトコンテストに関する
お問い合わせ

079-289-0117
担当:林・山田
(9:00~17:00 土・日・祝日を除く)

117グループ公式サイトはこちら
117グループ
Copyright (C) 117. All rights reserved.