117グループCONTEST 「ありがとう」がいっぱい
第10回「こころつないで」フォトコンテスト
第5期 入賞作品
各期 単写真コース
第5期のグランプリ - 3point
「陽くれるまで」
aym 様
埼玉県上尾市
 作者のコメント
帰省の際、みんなでかえる捕りをして遊びました。
 審査員からのコメント
今回は上位の4作を選ぶのは早かったのですが、うち2作からどちらを推すかに迷いました。本作でひとつ気になった点は、なにか"演出っぽい"というところなのですが、それはそれとしても『一枚の絵の中に展開がある』(単写真でも起承転結のようなものが見える)というところでした。
それは何か空間的なことだけでは無く、あるいは流れている『刻』のような、時間的な展開と言えば良いでしょうか。特に自転車の"おじさん"に感じられますが、奥に見える車とか、夕暮れの刹那感とか...画面に漂っているように感じられました。
ただ一つ残念なのは、まるで"コマーシャル写真のよう"に手前が明るく処理されていること。夕やけ空を色鮮やかにするなら、人の顔も"ぎりぎり見えるかどうか"くらいに、シャドーで表現されていれば、もっと伝わる"空気感"があるように思えます。
貞松写真事務所
代表 貞松良治
第5期の準グランプリ - 2point
「トンネル作業」
タロー 様
長野県千曲市
準グランプリ作品
 作者のコメント
トンネル内の工事現場は、狭く、暗く、過酷な条件のもと行われます。そんな環境の中ですが作業員さん達は、いつも力を合わせて頑張っています。
 審査員からのコメント
毎回コンテストに参加頂き常に上位におられるベテランの作者ですが、今回もトンネル内の作業をドラマチックに仕上げられました。
この作品には無駄なものが一切ありません、ツートンカラーの壁面も良い塩梅ですし天井から垂れ下がったコードも画面に変化を持たせています。作業員の表情もプロフェショナルな雰囲気を醸し出しており過酷な中での作業を見事に切り取った秀作だと思います。
誰もが撮れる環境ではありませんがこのようなシーンを作品として仕上げる作者の目にいつも驚きと感動を抱かずにはおられません。
スタジオクレアーレ
代表 山下太郎
「ONE TEAM」
田中 雅之 様
京都府京都市
準グランプリ作品
 作者のコメント
ロープレスキューの競技会…開始直前に与えられた課題に対し、短時間で最善の方法を検討し、チーム一丸となってクリアすることを目指します。
 審査員からのコメント
消防救助隊員がロープ救助の早さや安全性を競う大会での一コマ。災害を想定した課題に挑戦し、技を競い合いますが、その場で与えられた課題に対し、チームで即座に状況把握と判断をし、一つ一つを間違わずに確実に行う事が求められるのは、競技でも実際の救助でも同じ。小さなミスから崩れてしまうこともあるので、そのイレギュラー時をチームでカバーする訓練を幾度も重ねての出場と思います。
幾重にも重なる競技参加者が雑然とも見えますが、この場に関わる人たちは皆同じ目的で意識も同じ方向を向いている同志として、技を競い合い学び合い、情報交流を行って世の安全安心のために活動するために持ち場に戻っていく。参加者だけでなく、この場を支える多くの人も一つと感じさせる作品です。
117グループ
代表 山下裕史
「なかよし3人組」
笹田 雅代 様
愛媛県大洲市
準グランプリ作品
 作者のコメント
古民家と干柿と純朴な子供達。なつかしい空間でした。
 審査員からのコメント
写真をモノクロにしたことで光の明暗を上手く表現出来ています。広角レンズを使用しているので、なかよし3人組以外に昭和な雰囲気が窺えます。逆光を利用した露出もいい感じです。なかよし3人組と書院の構図がいいですね。「こころつないで」のテーマに合っています。干し柿はコメントを見るまで気付きませんでしたが懐かしい雰囲気と子ども達の友情を表現した素晴らしい作品です。
クリエイティブプロダクション ウイル
代表 山本正博
第5期の入選 - 1point
「家族団らん」
中本 則昭 様
兵庫県神戸市
入選作品
 作者のコメント
夕日の中に多分外国人の家族だと思いますが和やかに歩いていきました。
「ドラム缶風呂」
明野 敏行 様
兵庫県加古川市
入選作品
 作者のコメント
どろんこサッカーが終り、自衛隊が用意したドラム缶風呂でのこころのふれあいです。
「卒業」
ムーちゃん 様
広島県安芸郡
入選作品
 作者のコメント
卒業 別れの時
「桃農家」
みかん船 様
和歌山県和歌山市
入選作品
 作者のコメント
ご夫婦の摘花作業(大きく桃が育つように摘花は毎期の事作ら重労働。)
「宮参り」
井田 金久 様
三重県志摩市
入選作品
 作者のコメント
親子3名が宮参りをしている所 心一ツになって拝む
「伝統技」
成松 和司 様
愛媛県松山市
入選作品
 作者のコメント
愛媛県喜多郡内子町の甘日市保存地区内にある竹工作屋さんの作業を撮らせてもらいました。
「新しい春」
nyaoko0222 様
兵庫県西宮市
入選作品
 作者のコメント
ピカピカのランドセルを背負った1年生。帽子で遊んで笑い合っているところです。
 総評
先ずはコロナ渦の影響で、審査も普段通り行うことが出来ず、結果発表も遅れてしまったことをお詫びします。
学生部門について、私見ながらグランプリ作は"おとなしい"ストレートな作品すぎて、個人的にはもう少しとがったものを選びたかったです。"若い感性をぶつけて欲しい"部門としては、ちょっと物足りないような気もします。もっともっと『人とは違う絵を撮りたい』という、「ゴリゴリと被写体を探し廻る」ような、あるいは「得体の知れない自信に満ちた者」のような、ときには『冷めた目でナナメ上目線で見る』ような、"若さゆえ"を見せて欲しいと思っています。
今回の応募作は、まだ外出が憚られる以前の撮影が多かったようでしたが、次期には作品にどのような影響が出るのか、全く予想出来ない世の中になってしまいました。次回審査の頃には、屈託無く作品を見ることが出来れば良いなぁと、願って止みません。
貞松写真事務所
代表 貞松良治
各期の入賞作品
第10回 ポイントランキング
2020年7月 現在(五十音順)
ポイント
入賞者様のお名前 
または ニックネーム
17
sana 様
16
タロー 様
15
aym 様
11
田中 雅之 様
10
角田 恒雄 様 / nyaoko0222 様
ムーちゃん 様
サザンクロス 様 / 笹田 雅代 様
yukoneko 様 / 中本 則昭 様
みかん船 様 / Lemon grasses 様 / 成松 和司様 / 仙石 一夫 様
坂部 子一 様 / 吉野 宏映 様 / 12mm 様 / 藤原 茂夫 様 / 理由 様
ヨーちゃん 様 / 黒須 俊夫 様 / makaho 様 / 佐々木 順哉 様 / 笹田 温 様 / おいしいなりんご 様
石川 賢一 様 / 達下 才子 様 / いるか雲 様 / 片山 貴文 様 / 鳥居 竹夫 様 / 明野 敏行 様 / 井田 金久 様 / 道信 タケオ 様 / みゆ 様
第10回 都道府県ランキング
第10回フォトコンテスト入賞者様を都道府県ごとに集計しました!
 人数対抗
兵庫県
27
埼玉県
13
長野県
10
愛媛県
神奈川県
滋賀県
広島県
京都府
和歌山県
北海道
千葉県
群馬県
三重県
宮城県
高知県
静岡県
三重県
岩手県
 ポイント対抗
兵庫県
36
埼玉県
20
長野県
17
神奈川県
17
滋賀県
16
愛媛県
14
京都府
11
広島県
10
和歌山県
北海道
三重県
宮城県
群馬県
千葉県
静岡県
高知県
岩手県
東京都
通算ポイントランキング
2020年7月 現在(五十音順)
ポイント
入賞者様のお名前 
または ニックネーム
103
タロー 様
75
sana 様
73
aym 様
67
nyaoko0222 様
60
ムーちゃん 様
52
ミニオンのボス 様
43
ヨーちゃん 様
40
サザンクロス 様
29
akkoberry 様
27
なごなつ 様
25
yukoneko 様
24
今枝 進 様
23
運命愛情男 様 / 田中 雅之 様
21
ケンツク 様
18
Qさま 様 / ひで 様
16
森 和代 様 / 石川 賢一 様 / Lemon grasses 様
14
笹田 雅代 様
13
ゆぴんパパ 様 / 大塚 美代子 様 / ちゃーさん 様 / いかいか いるか 様 / 浜口 正雄 様
12
makaho 様
11
カサブランカ 様 / ユリ★ 様
10
竹川 義之 様 / 山本 幸平 様 / 黒須 俊夫 様 / 角田 垣雄 様

フォトコンテストに関する
お問い合わせ

079-289-0117
担当:林・山田
(9:00~17:00 土・日・祝日を除く)

117グループ公式サイトはこちら
117グループ
Copyright (C) 117. All rights reserved.